Barbara

L'Aigle noir

(Version Patrick Bruel)

Un beau jour, ある日、
Ou était-ce (peut-être) une nuit それは夜だったかもしれない。
Près d'un lac, je m'étais endormie 湖の畔、私は眠っていた。
Quand soudain, semblant crever le ciel その時突然、空が裂けるかのように感じた。

Et venant de nulle part, どこからともなく、
Surgit un aigle noir. 一羽の黒い鷲が現れ
Lentement, les ailes déployées, ゆっくりと、翼を拡げて、
Lentement, je le vis tournoyer. ゆっくりと、旋回するのを私は見た。
Près de moi, dans un bruissement d'ailes, 私の近くに、翼をはためかす音を立てながら、
Comme tombé du ciel, 空から落ちたかのように
L'oiseau vint se poser. その鳥は翼を安めに私の元に来た。

Il avait les yeux couleur rubis 彼はルビー色の目をして、
Et des plumes couleur de la nuit. その羽は夜の色をしていた。
À son front, brillant de mille feux, 額には、無数の火が輝き、
L'oiseau roi couronné 王冠を被ったその鳥は、
Portait un diamant bleu. 青いダイアモンドを携えていた。

De son bec, il a touché ma joue. 嘴で、彼は私の頬に触れ、
Dans ma main, il a glissé son cou. 手の中に、彼の首を差し込んだ。
C'est alors que je l'ai reconnu : その刹那、私はそのことに気が付いた。
Surgissant du passé, 過去から現れて、
Il m'était revenu. 彼が私の元に戻って来たのだった。

Dis l'oiseau, O dis, emmène-moi. 黒鷲よ。私を連れて行って。
Retournons au pays d'autrefois, 嘗ての世界に戻ろう。
Comme avant, dans mes rêves d'enfant, 嘗ての様に、子供の時の夢の中へ、
Pour cueillir en tremblant 身体を震わせながら集めるの、
Des étoiles, des étoiles. 夜空の星を、夜空の星を。

Comme avant, dans mes rêves d'enfant, 嘗ての様に、子供の時の夢の中で
Comme avant, sur un nuage blanc, 嘗ての様に、白い雲の上で
Comme avant, allumer le soleil, 嘗ての様に、太陽に照らさせて
Être faiseur de pluie 雨の愛好者になって、
Et faire des merveilles. 奇跡を起こすの。

L'aigle noir, dans un bruissement d'ailes 黒い鷲、翼をはためかす音の中で、
Prit son vol pour regagner le ciel. 翔び立った。空に戻る為に。
Quatre plumes, couleur de la nuit, 四枚の羽、夜の色。
Une larme, ou peut-être un rubis. 涙、それともルビーかも知れない。
J'avais froid, il ne me restait rien. 寒かった、彼は私に何も残していかなかった。
L'oiseau m'avait laissée その鳥は私を置き去りにして
Seule avec mon chagrin. 哀しみだけ残して去って行った。

Un beau jour, ou était-ce une nuit 美しい日、多分夜に。
Près d'un lac je m'étais endormie. 湖の畔、私は眠っていた。
Quand soudain, semblant crever le ciel 突然、空が切り裂かれたかのようになって、
Et venant de nulle part どこからともなく来て、
Surgit un aigle noir. 一羽の黒い鷲が現れた。

Nantes

Il a plu sur Nantes ナントに雨が降った。
Donne(z)-moi la main 私に手を貸して、
Le ciel de Nantes ナントの空は
Rend mon cœur chagrin 私を哀しくさせる。

Un matin comme celui-là 今朝のようなあの日の朝、
Il y a juste un an déjà もうちょうど一年になる
La ville avait ce teint blafard その時も街はこんな青白い色をしていた。
Lorsque je sortis de la gare 駅から出た時。
Nantes m´était encore inconnue ナントは私にとって見知らぬ街だった。
Je n´y étais jamais venue 一度も来たことが無かったから。
Il avait fallu ce message このメッセージがあったから、
Pour que je fasse le voyage: 私はこの旅をしたの。

"Madame soyez au rendez-vous 「マダム。約束の場所にいらしてください。
Vingt-cinq rue de la Grange-au-Loup ラ・グランジュ・オ・ルー通り25番
Faites vite, il y a peu d´espoir 急いでください。望みはほんの少しです。
Il a demandé à vous voir." あなたに会いたいとおっしゃっています。」

A l´heure de sa dernière heure 彼の最期の時に、
Après bien des années d´errance 何年ものさまよいの後に、
Il me revenait en plein cœur 彼は私の心の中に戻って来た。
Son cri déchirait le silence 彼の叫びが静けさを破っていた。
Depuis qu´il s´en était allé 彼が行ってしまった後、
Longtemps je l´avais espéré 長いことそのことを期待していた。
Ce vagabond, ce disparu この放浪者。この失踪者。
Voilà qu´il m´était revenu やっと私に戻って来た。

Vingt-cinq rue de la Grange-au-Loup ラ・グランジュ・オ・ルー通り25番
Je m´en souviens du rendez-vous その約束の場所を覚えている。
Et j´ai gravé dans ma mémoire 記憶の中に刻み込んだ、
Cette chambre au fond d´un couloir 廊下の奥の部屋のことを。

Assis près d´une cheminée 暖炉の近くに座っていた
J´ai vu quatre hommes se lever 四人の男が立ち上がるのを私は見た。
La lumière était froide et blanche 灯りは冷たく白かった。
Ils portaient l´habit du dimanche 彼らは日曜日の装いを身に付けていた。
Je n´ai pas posé de questions 私は尋ねることをしなかった。
A ces étranges compagnons この見慣れない人々に。
J´ai rien dit, mais à leurs regards 私は何も言わなかったけれど、彼らの表情から
J´ai compris qu´il était trop tard もう遅すぎたことを悟った。

Pourtant j´étais au rendez-vous 約束の場所に来たけれど、
Vingt-cinq rue de la Grange-au-Loup ラ・グランジュ・オ・ルー通り25番
Mais il ne m´a jamais revue 彼は再び私にまみえることは無かった。
Il avait déjà disparu もう彼は亡くなってしまっていたから。

Voilà, tu la connais l´histoire 貴方、このお話を知っているでしょう。
Il était revenu un soir 彼はある晩帰って来た。
Et ce fut son dernier voyage それは彼にとっての最後の旅。
Et ce fut son dernier rivage 彼にとっての最後の浜辺。
Il voulait avant de mourir 彼は旅立ちの間際に、
Se réchauffer à mon sourire 私の頬笑みに触れて暖まりたかった。
Mais il mourut à la nuit même でも彼はその晩亡くなった。
Sans un adieu, sans un "je t´aime" 「さよなら」も「愛している」も言わないで。

Au chemin qui longe la mer 海辺に添う小道で、
Couché dans le jardin des pierres 石の庭に横たわって、
Je veux que tranquille il repose 彼が静かに休んでいて欲しい。
Je l´ai couché dessous les roses 私は薔薇の下に彼を横たえる。
Mon père, mon père 私のお父さん。私のお父さん。

Il pleut sur Nantes ナントに雨が降る。
Et je me souviens 私は思い出す。
Le ciel de Nantes ナントの空は
Rend mon cœur chagrin 私を哀しくさせる。

Göttingen

Marienbad